西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075−333−5627 、詳しくはhttp://www.yoshikawa-ss.com/ をご覧ください。
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も)
<< 天狗倉山(522m)・熊野古道馬越峠・おちょぼ岩(491m) | main | 梅雨の晴れ間に釣り >>
赤兎山(1629m)

いつも「おすすめ!!」といわれてから、何年目の決行か。

やっと念願かなっての、赤兎山です。

北陸道から中部縦貫自動車道の勝山インター・国道157号の北谷から小原林道を20分程上がれば、1159mの赤兎山登山口です。

 

赤兎山登山口

登山口駐車場は二箇所あり、どちらもたくさんの車でいっぱいです。

人気の山であることがうかがえます。

京都からはるばる来た私たちは、遅目の入山になります。

1週間前に入山可能となったばかりのようです。

 

赤兎山登山口看板

足元がドロドロかもしれないよと言われていましたが、登り出してしばらくは、歩きやすい乾いた山道です。

 

新緑のブナ林

新緑のブナ林が心地よい日差しをもたらします。

 

サンカヨウ

可愛い花が咲いています。

サンカヨウです。大きな葉っぱの割に、小さくかわいい白い花。

 

エンレイソウ

エンレイソウです。大きな三つ葉の中心にシックな黒っぽい花。

 

リュウキンカ

リュウキンカです。パッと明るい黄色です。

 

雪渓とぬかるみ

途中、小さい渡渉が数回あり、残雪もあり、雪解け水なんだなぁとか感じながら登ります。

故に、ぬかるみもあります。

でも、雪も見ることが出来て、幸せ!

 

小原峠

小原峠で一息つきます。

ここで右に行けば赤兎山。左に行けば大長山(オオチョウサン)。

 

小原峠から白山

少しまっすぐに進むと、白山(2702m)が姿を見せてくれます。

白く美しい山容は、登山者を癒してくれます。

 

タムシバ

タムシバが咲いています。

とても間近に見ることが出来るので、花の中を覗いてみました。

自然って、細かいところまで丁寧に創ってあるなぁと感心します。

色もかわいい。

 

ムラサキヤシオ

あれは何?ツツジかな?

アカヤシオ?

 

ムラサキヤシオ(ぴんぼけ)

ムラサキヤシオです!!(ピンボケ残念)

なんという花色!ため息が出ます。

丸い花びらの花姿もなんて可憐。

 

大舟分岐

大舟分岐で小休止。

ツバメオモトの花を見かけませんでしたか?という若い女性はカメラを持って

一人で登ってらっしゃいました。

 

あと少しで山頂。

 

?

ショウジョウバカマです。(これまたピンボケ)

 

先に頂上から下りてきた方が、「頂上は寒いですよ〜」とのこと。

えー、今こんなに汗ばんでいるのにー。

 

赤兎山頂眺望

頂上です。

 

赤兎山三等三角点

三等三角点!

 

御嶽山?

白山、別山、はるか彼方に御嶽山?らしいです。

そして風が強く、寒い。立っているとどんどん寒くなってきます。

腰の高さほどの笹の陰で、合羽を着こんで、風を避けながらお弁当タイムです。

絶景の頂上です。

 

避難小屋を目指して

頂上を超えて、避難小屋まで赤池湿原を歩きます。

赤い小屋が見えます。

 

カタクリ

うれしい!カタクリの花です。散策道沿いにたくさん咲いていました。

寒いですが、花も景色も素晴らしいのでどんどん歩けます。

小屋はすぐに着きそうに見えましたが、なかなか着きません。

 

赤い小屋

 

避難小屋看板

小屋に到着。

トイレもあります。

もう少し行くと、もっと白山がきれいよ!との声に誘われ、数人が進みました。

 

避難小屋の先の絶景

足元が急に切り立っているために、白山が下の方から見えるので圧巻です。

少し進むだけなので、行ってみる価値ありでした。

 

さて下山です。

今日見た花の名前を皆で口にしながら下ります。脳トレ!!

 

ツバメオモト

こんなところに、ツバメオモト!見逃すところやったわ!

さっきの方は、見つけられたのかしら?

 

マイヅルソウ

マイヅルソウ。

 

チゴユリ

チゴユリ。

 

本当に登ってよかった、赤兎山。

花いっぱい、眺望良し,渡渉あり、雪ありの、魅力あふれるやまでした。

 

少し時期をずらせば、ニッコウキスゲの群生も素晴らしいらしいので、また来たい山です。

| 副院長日記 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0)









http://intyoblog.yoshikawa-ss.com/trackback/1433216

CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
このページの先頭へ