西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075−333−5627 、詳しくはhttp://www.yoshikawa-ss.com/ をご覧ください。
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も)
<< 水軒すごい人でした | main | 実りの秋 >>
台風が続いた後の釣り

台風や秋雨前線の影響で、このところ週末になると雨ばかりで釣りになりませんでしたが、やっと釣りに行けました。

この共通事項から、多くの人が釣り場を訪れるはず。

 

一番船の予定時刻より一時間ほど前に到着しましたが、受付にはすでに多くの人が並んでいます。

そのため予定時刻より半刻ほど早く出発です〜

 

船長によると、雨の影響で海面に多くのゴミが浮いているため、速度を落として航行するとのこと。

さて、この日は思ったよりも旧波止で降りる人が多くありませんでした。

その代わり、新波止で降りる人が多いのですが、その大半が1番で降りましたから、1番は見送り。

2番はいつもと同じくらい・・・結局はゴミを覚悟して5番にすることに。

ただし、そのおかげで5番は一人だけでした。

 

新波止5番

久しぶりの釣りなので、準備も何だかチグハグ感がありますが、実際の釣りにも影響するよう・・・

朝一のヒラアジタイムに、2度の抜き上げミス。

それでも35センチを含む2匹を確保できたので、後は気楽なものです。

 

それにしても、この日は朝一番からエサトリさんが多いようで、ヒラアジタイムが終了すると、タナを変えてもエサはすぐに海に溶けるように無くなりました。

しかし、ときどき短い時間だけエサトリの活動が低下するときがありました。

そんな1回目のエサトリ小休止にウキスポン!

 

チヌ47cm

横に走ったので、サバかとも思いましたが、チヌ47センチ〜

続けてもう1匹チヌ30センチと、嬉しいウマズラ33センチを追加しましたが、エサトリさんが活動再開。

 

エサトリのあまりの猛攻と、雨の影響で白っぽく濁った海と、風が止まったことによる気温の上昇に伴って、思わずお昼寝タイム。

風がまた吹き始めて目覚めると、すでに12時の定期便の15分前ですから、この船は諦めて釣り再開。

海面を見ると、あれほど多かったゴミがほとんど無くなっています。

 

この時間に狙うのは、もちろんグレ!

また、少し休ませたのが良かったのか、エサトリさんが小休止中のようで、グレが2匹釣れました。

ただし、ミスをして2匹確保し損ないました。

 

釣果

最後まで、チグハグ感がありましたが、ポカポカしてのんびりと楽しむことができて良かったです。

 

 

魚   魚   魚   魚   魚

 

さて、一日挟んでもう一度行ってきました。

前回の教訓から、10時くらいにエサトリが活発で釣れなくなりそうなので、昼寝する予定です。

渡船場に到着すると、連休の最後のためか、あるいは北風の影響か、人は前回よりも少なめ。

船が出発すると、今回は旧波止で降りる人が多かったです。

それでも新1番では、そこそこ降りましたので、私は今回も5番にしました。

今回の5番ですが、私以外はカワハギ狙いの人のみ。

 

朝一番は、思ったよりも北風が強くなくて、釣り易い状況。

そんな夜明け頃のヒラアジタイム・・・

今回も基本を5ヒロに設定して開始すると、ウキがモゾモゾと反応しますが、沈みません????

確認すると、ハリスがほとんどありません。

タチウオかあ〜  細めのタチウオなら、以前に掛かりましたが、大きめなのでしょうネ。

 

そんなことが3回続いて、太陽も昇ってきたので、ヒラアジを諦めかけたころウキスポン

 

ヒラアジ40cm

自己記録更新の40センチです。

以降も追加を狙いますが確保ならず。

でも気分は既にお腹いっぱい。

 

チヌ44cm

暫くすると、前回を思い起こす鋭いウキの反応はチヌ44センチ。

 

ウマヅラ33cm

続いて先程と違う微妙なウキの反応は、ウマズラ33センチ。

 

その後は、チヌ40センチが釣れましたが流石にリリースし、前回同様の長〜いエサトリ活性タイム。

タナ等を工夫してみましたが、北風も強くなってきて限界を感じて予定通りのお昼寝・・・・・

しかし、今回は目覚ましを10時30分にセットしたので、乗り遅れの心配なし。

 

再開1投目、北風は相変わらずですが、刺しエサが残っていますから、グレの期待が高まります。

 

グレ30cm

すると、再開2投目でグレ30センチ!

 

ここからは、タナの調節が必要でしたが、グレとマルアジが混ざりながら、5匹ずつ確保したところで予定の時刻となりました。

 

帰りの船

ヒラアジはお造り、グレとウマズラは煮付け、ウマズラは干物にも。

チヌはいつもの天ぷらだけではなくて、鍋の具材にしてみました。

これが真夏よりも脂が落ちてきているのか、意外に美味しかったです。

マルアジは後日にアジフライの予定。

ウマズラの煮付けは、子どもたちにも好評でした〜

| 院長日記 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0)









http://intyoblog.yoshikawa-ss.com/trackback/1433174

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
このページの先頭へ