西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075−333−5627 、詳しくはhttp://www.yoshikawa-ss.com/ をご覧ください。
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も)
<< ぶへい さんに再び | main | 台風の後の水軒一文字 >>
明神山(播磨富士)(667m)

兵庫県姫路市夢前町の明神山に登ってきました。

こちらは播磨富士とも呼ばれ、円錐形の美しい形をしています。

朝晩は涼しくなってきましたが、この日は好天に恵まれ、やや暑いぐらいの気温です。

登山ルートはAコース(西の尾根)Bコース(谷)Cコース(東の尾根)が主ですが、Bコースはヒルの宝庫だそうです。

私達の一行はA→Cのルートで参ります。

麓から見ても、岩が大きく見えていて、岩場など注意が必要そうです。

登山口の駐車場では地元のベテランさんたちが、親切に注意事項を教えてくれました。

夢やかた駐車場から頂上を仰ぐ

登り始めから滑りやすい、ザラ石があります。

この日は晴れで、濡れていて滑るという心配はなさそうですが、

この岩の上の小石で滑らないように、注意して進みます。

 

大黒岩

しばらくいくと、大きな岩の塊が見えてきました。

少し小休止して、美味しいブドウをいただきました。

この大岩は大黒岩という名前がついていました。

大きな出っ張ったお腹に、おへそのようなくぼみがあるからかしら?

 

Aコースからの展望

AコースCコースともに、尾根を覆う大きな岩場がたくさんあるのが、この山の面白さです。

Aコースは、数回のアップダウンを越えるたびに、頂上が近づいてくるのを励みに脚を進めます。

所どころ、見晴らしのいいポイントも多いです。

頂上までラストの9合目からは気合い坂と書かれていました。

確かにきつく、狭いルートです。ごろごろと石も多く、ルートを外れると浮石で滑落の恐れありです。

他のグループの方が、頂上の忘れ物を取りに、引き返し、ルート外を登ってきたかと思ったら、ザーッとわずかに滑落し、その後、大きめの石がゴロゴロと落ちていく音がしました。

「らーく!」とメンバーが叫んでくれました。

この日一番ヒヤリとした出来事でした。

マナーは守らないと、自分のみならず、他の人にも迷惑を掛けてしまうのだと、改めて思い直しました。

 

明神山山頂

気合いで頂上に着くと、数人の方がいらっしゃいます。

頂上は石もありますが、綺麗に手入れされていて、丁度良く腰掛ける石もあり、快適です。

常連さんもいて、沢山お話を聞かせてくれました。

 

頂上展望

瀬戸内海・丹波方面眺望良しです。

 

下りのCコースは、最初の100mくらいがキツイとのことで、常連さんのうちのおひとりが、案内してくれることになりました。

ストックを片付けて、ロープをつたって進みます。

ロープがなければ、私なんかは下山できません。

下り道のため、登りほど体力の消耗もありません。

常連さんのガイド付きで、お得な気分です。

岩場にある丁度良い窪みや、目印もこういった常連さんの手仕事のようです。

 

この播磨富士と呼ばれる明神山は、面白い岩場があり、多くの常連さんにも愛されている、景色の良いお山でした。

| 副院長日記 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0)









http://intyoblog.yoshikawa-ss.com/trackback/1433169

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
このページの先頭へ